艶つや習慣 イボコロリ

MENU

艶つや習慣とイボコロリの徹底比較!!何が違うの?

艶つや習慣とイボコロリどちらもイボとり目的で使用するのですが違いは何か?
老人性イボにイボコロリでケアをしてもいいのか比較してみました。

 

艶つや習慣,イボコロリ

 

  成分 効果 老人性イボ対策
艶つや習慣 ハトムギエキス 角質をなめらかにし代謝を促進する

艶つや習慣,イボコロリ

イボコロリ サリチル酸 皮膚を腐敗させ再生させる効果がある

艶つや習慣,イボコロリ

 

イボコロリは老人性イボ対策に使用するのはおすすめされていません。
肌荒れやトラブルの危険性が高いためです。

 

イボコロリの成分と効果

イボコロリにはサリチル酸が配合されています。
角質を溶かす角質軟化溶解作用がありいってしまえば無理やりイボを取ってしまうイメージです。

 

そのため魚の目などの足の裏にできるイボに使用されることが多く皮膚が厚い場所での利用が基本となっています。

 

老人性イボにはイボコロリは危険

しかし老人性イボは目の下や首回りなど比較的皮膚が薄い箇所にできます。
そのため首イボ対策の場合は、サリチル酸の成分では刺激が強くイボを取る前に肌トラブルが起きてしまう可能性があると考えることができます。

 

そもそもイボコロリは薬で艶つや習慣は医薬部外品であるため少し用途が違ってきます。

 

艶つや習慣とイボコロリの最大の違い

艶つや習慣 角質をはがしれやすくし代謝をサポートし肌本来の排出機能でイボを取るので肌に負担になることが少ないがそれだけ効果がでるまえ時間がかかる。
イボコロリ 角質を無理に腐食させイボを取るので肌に刺激になる可能性があるがそれだけ効果がでるまでの時間が短いメリットがある。

 

イボコロリもイボ取り効果が高い商品です。
決して使ってはいけないと言ってるのではなくあなたの症状にあった方法でケアするのが大事になってくるのではないでしょうか。

 

ただ、老化によってポツポツと増えてくる老人性イボに関して言えばイボコロリではなく艶つや習慣でケアをする方がおすすめであると言えます。

 

艶つや習慣の口コミレビューTOP>>